CSSレイアウト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NANAの3行ニュースサイトトップ >芸能界の話題 >>押尾学 セックスの生々しい供述

押尾学 セックスの生々しい供述

押尾学の薬物裁判の判決が出ました。
懲役1年6月、執行猶予5年の有罪というもので、執行猶予5年は異例の長さとはいうものの
人一人亡くなっていることと、社会的影響力の大きさを考えれば重いという実感がありません。

変死した銀座ホステス、田中香織さんのご遺族は先日の初公判以来
ショックのあまりマスコミのインタビューにも応じなくなってしまったとか。

というのも、先の押尾学の初公判では田中さんの父親が法廷入りしていたものの
押尾が「クスリは田中さんに勧められた」と証言したことで
クスリの責任は田中さんにあることになったことや
生々しく語られた娘の肉体関係に耐えられなかったようです。

当然ですね・・・。

香織さんとの性行為についての押尾と検察官のやりとりは具体的なものだったといいます。
そんな話、聞きたくもないでしょう。

お仕事はセックス

押尾学はそれでいて、アメリカでの芸能活動再開を周囲に漏らしているとか。
それどころではないでしょうに。
死亡した田中香織さんについての捜査の進展が待たれます。

裁判官「MDMA使用がどのような経緯で行われたかという点の被告人の説明は、内容が不自然であり、自身が認めている犯行発覚までの経緯や発覚後の言動も、およそ信じがたい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091102-00000553-san-soci

押尾学 セックスの生々しい供述をランキングで

セックス・トラブル。ホントなのウソなの
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。