CSSレイアウト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NANAの3行ニュースサイトトップ >映画の話題 >>佐々木希 「天使の恋」のストーリーがキツイ

佐々木希 「天使の恋」のストーリーがキツイ

佐々木希がセミヌードとなった写真が話題の映画「天使の恋」。
話題のケータイ小説が原作の作品なんですが
「天使の恋」のストーリーはいかにもケータイ小説らしいショッキングなもの。

佐々木希の演じるヒロイン、小澤理央は14歳のときに
彼氏の友人たちにレイプされて妊娠。

パーフェクトレイプ

その子どもを産みたいと願いつつも結局は堕胎してしまいます。
17歳になった理央は雑誌のモデルをしながら援助交際で大金を稼ぎ
援助交際で知り合う男たちを利用してはポイ捨てする女に。

そして学校ではイジメの首謀者で友達のことも見下している・・・と。

そんな理央が冴えない大学助教授と出会い、恋に落ちるのですが
彼は不治の病、しかも彼女と腹違いの兄妹だった・・・と。



ふうう。なんだかお腹一杯になるあらすじなんですが
ここで佐々木希を起用したのは計算ずくだったのでしょうか。上手すぎます。

佐々木希 ヤンキーのイメージって根強いようで
デビュー後すぐに、イジメっ子だったとか、筋金入りのヤンキーだった、とか
中学時代からほとんど学校に行かず遊んでばかりだった、とか
未成年の頃から酒もタバコもやっていた、とか・・・。

ヤンキー愛を誓う

佐々木希が押尾学の愛人だった、なんて話もウワサになるほど。

佐々木希 「天使の恋」のストーリーをランキングで

[PR]
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。