CSSレイアウト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NANAの3行ニュースサイトトップ >国内ニュース >>民主党 子ども手当支給で失われるもの

民主党 子ども手当支給で失われるもの

総選挙で民主党が大勝、いよいよ政権交代ですが
民主党マニフェストの実現化が気になります。
過去には、自民党にあてつけるかのように
実現不可能なことでも公約にできましたから。

マニフェストでも一番の柱ともいえる「子ども手当」ですが
この政策が実施されて一番得をするのは

「共働きで年収300万円、中学生2人と小学6年以下の子供が1人いる世帯」

なのだそうです。年収にして79.2万円のプラスになる試算になるとか。

逆に

「年収が1500万円で妻が専業主婦、高校生(または大学生)3人の子供がいる世帯」

では、最も負担が増えて年41.5万円のマイナスになるそうです。
あてはまるケースの家庭ではたまりません。

そもそも民主党の「子ども手当」は中学生以下の子供に年間31万2千円を
支給するというものですが、かわりに児童手当や扶養控除が廃止になります。

児童手当が廃止になるのは分かるとしても
扶養控除が廃止というのは、痛い世帯が多いのではないでしょうか。

税金の無駄使いをなくして、子ども手当位の予算はねん出できると
民主党では考えていたんじゃなかったんでしょうか。
テレビでさんざん聞いた気がします。

また公共事業もとにかく中止という動きのようですが
なんだか「公共事業=悪」の図式で必要なものまで止めてしまい
とにかく予算を浮かせようと躍起になっているようにも見えます・・・。
すべて国民生活に負担がかかってきますね。

なぜか誰も書かなかった民主党

朝三暮四ってことわざを思い出すのは私だけでしょうか。
国民は猿じゃないって。



民主党がマニフェスト(政権公約)に掲げた「子ども手当」は、中学生以下の子供に年間31万2千円を支給する。ただ、児童手当や扶養控除が廃止されるため、世帯によって「損得」が顕著になる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090905-00000078-san-bus_all

子ども手当支給の話題をランキングで

[PR]
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。